【鎌倉】Salon de Kurumiccoサロンドクルミッ子 くるみのお菓子と隠れリスのカフェ

鎌倉の銘菓「クルミッ子」をご存知ですか?

鎌倉紅谷の定番商品で、くるみがたっぷり入ったキャラメルをバター生地ではさんだお菓子です。

そんな「クルミッ子」をコンセプトとしたカフェが、鶴岡八幡宮のすぐそばにあります。

その名も「Salon de Kurumicco(サロンドクルミッ子)」

店内の所々には、クルミッ子のキャラクターのリスが隠れていましたよ。

 

コンセプトは鎌倉銘菓「クルミッ子」

https://www.instagram.com/p/B6pyPhaluSO/?utm_source=ig_web_copy_link

 

「クルミッ子」というのは、鎌倉紅谷の大人気のお菓子です。

くるみがたっぷり入った自家製キャラメルをバター生地ではさんで焼き上げたお菓子で、鎌倉紅谷といえば「クルミッ子」というほどの定番商品です。

その鎌倉紅谷の本店の2Fに、平成30年10月にカフェがオープンしました。

それが「Salon de Kurumicco」

クルミッ子をコンセプトとしたデザートやドリンクがいただけるカフェになります。

場所は鶴岡八幡宮のすぐそばの段葛沿いで、鎌倉駅からは歩いて7分ほどです。

1Fの鎌倉紅谷の八幡宮前本店には、本店限定の商品も置いてあります。

しかしその店内を見渡しても、2Fへの階段は見当たりません。

そして店の奥には、こんな扉がありました。

 

この扉の先に、2Fのカフェへ続く階段があるのです。

まるで隠れ家のような造りのカフェに、わくわくしてきますね。

 

 

待ち時間には、隠れリスを探して

 

カフェは白を基調とした落ち着いた空間、ゆったりとしたテーブル席が並んでいました。

店の奥には段葛を見下ろせる大きな窓もあります。

そして見逃してはいけないのが、店内の所々にいる隠れリスです。

壁をよく見ると、上の写真のようなかわいらしいリスが隠れるように描かれているのです。

このリスはクルミッ子のキャラクラーで、カップやお皿などにも描かれています。

 

 

クルミッ子を使ったかわいいメニューも

クルミッ子・パフェ(税込1100円)

メニューには、クルミッ子を使ったデザートなども並んでいます。

写真では分かりづらいですが、このパフェにもクルミッ子がドンと飾られていました。

中には塩キャラメルとミルクのアイスやチョコレートムースなどが入っています。

そして、一番上にはリスの形のクッキーが乗っていました!

 

デセール・クルミッ子(税込935円)

こんな風に絵画のようにデザインされたデザートもありました。

真ん中にあるのはいつものクルミッ子のように見えますが、実はちょっと違っていてこのデザートのためのスペシャルなクルミッ子なんだそうです。

 

コーヒーにはくるみとくるみ付きのパイ、そしてキャラメルソースもついていました。

コーヒーのカップは、かわいいリスのイラスト入りです。

このリスは大人気のようで、リスのイラスト入りカップは購入することもできます。

 

コースターにもリスがいました。

リスの描かれた特製マスキングテープも販売されているそうですよ。

ドリンクは他に日本茶、ワインやビールもありました。

楽しいひとときを過ごし、会計を済ませて階段を降りてくると、、、

 

こんなところにもリスがいました。

1Fの、店舗へ続く扉の前に描かれています。

いろいろなところにリスがいますから、それもチェックしてみてくださいね。

 

 

Salon de Kurumicco

住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1−12−4 鎌倉紅谷八幡宮前本店2F

電話番号:0120-36-9635

アクセス:鎌倉駅東口より徒歩7分

営業時間:9:30~17:00(L.O.16:30)

ただし月は13:00~、土日祝は~17:30(L.O.17:00)

定休日:金曜日

HP:Salon de Kurumicco

 

関連記事一覧

  1. 【鎌倉】トキワパン 国産小麦100%で作る安心で安全なパン

  2. 【鎌倉】Mont Blanc Stand(モンブランスタンド)賞味期限2時間のサクサク濃厚モンブラン

  3. 逗子海岸(逗子海水浴場)

  4. 【逗子】ダイヤモンド富士★海岸から見える絶景スポット・周辺グルメリンク

  5. 【茅ヶ崎】らーめん康家 地元に愛され続ける秘訣は、夫婦の温かい心にあった!

  6. 【藤沢】Soundwave Coffee Roastersで美味しいコーヒーを味わおう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。