【鎌倉】カフェ イヌゾ (Cafe Inuzo) かわいい海の生き物と素敵な店主に会いにいきませんか?

 

鎌倉や江の島に囲まれた小さな町、腰越。

近隣に有名な観光スポットが多いため、あまり知られていない町かもしれませんが、

実は、歴史のある漁師町で、新鮮なしらすなど魚介類が美味しい穴場のスポット!

近年は、おしゃれなカフェやレストランなども数多くオープンし、賑わいを見せています。

今回はそんな腰越で、まもなく1周年を迎えるカフェ「Cafe Inuzo」さんへお邪魔しました。

 

駅から徒歩1分、海までの道中にある小さなカフェ

腰越駅を降りて右手に進み、海岸を目指しながら歩いていると見つけた小さなお店。

外から見えた温かみある店内と優しそうな店主に惹かれ、吸い込まれるように入店しました。

 

 

オシャレな店内にお魚がいっぱい!

カウンター3席とテーブル4席のこじんまりとした店内。

温かみのあるウッド調は、おしゃれでとっても落ち着きます。

しかもこのお店、テーブルやカウンターなどのインテリアから水道などの設備まで

全て店主がイチから手作りしたというこだわりっぷり!

さらに見渡せば、店内には海の生き物がモチーフの雑貨がたくさんあります。

聞けば、元々水族館のカフェで働いていたという店主は、雑貨集めやモノづくりが趣味だそう。

ポップだけど子供過ぎない、とってもセンス光る空間です。

 

 

テイクアウトもOK!コーヒーとホットドッグで朝食

添えられたスプーンや敷かれているペーパーなど、ここにもお魚がたくさん♪

こちらは、同じく腰越にある人気パン屋さん「ル ボー トン (Le beau temps)」

このお店専用にオリジナルの分量で作ってもらっているパンを使用しているそう。

サクサクに焼かれた表面に、小麦の味がしっかりと感じられるのでパンだけでも美味しい・・・

余計な味付けもなく、ウインナーとケチャップ、マスタードでシンプルなホットドッグです。

 

コーヒーは、ハンドドリップでじっくり丁寧に抽出するこだわりの一杯。

そして、マグカップにも可愛らしいお魚がいっぱい。

実はこれ、作家さんがマグカップに直接手描きしている一点ものなんです!

モノづくりが趣味の店主は、作家さんとの繋がりも多く、こういったコラボが実現したそう。

ちなみにマグカップは、オーダーも出来ます☆

ぜひ自分だけのオリジナルマグカップをGetしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ワクワクする豊富なメニュー!

コーヒーや軽食以外にも、お酒やおつまみ、デザートなど充実したメニュー。

今も毎月1つずつ、新メニューを増やしているそうです。

特にデザートは、シャチのクッキーやセイウチのチョコなどが添えられており、

子供から大人までワクワクする遊び心満載の盛り付け!

 

そして、この可愛いパフェも店主と作家さんの繋がりから生まれたコラボメニュー。

他にも多くの作家さんからお誘いがあるそうで、今後どんな生き物が登場するのか楽しみです♪

 

 

「海でコーヒーが飲めたら幸せ」ふと感じた思いから・・・

「いらっしゃいませ、とか基本的な言葉しか交わさないんですよね。それは寂しいなって。」

今まで、地元である北海道の繁華街や都内の飲食店などで、忙しく働いてきた店主。

元々、人見知りな性格で、接客よりキッチンのような裏方に回る事が多かったそうですが、

人と接することが苦手な自分を変えたい、逆に1番苦手な所ほど伸びしろがあると思った店主は

忙しない日々の中で感じていた寂しさや物足りなさを自覚し、新たな道を目指しました。

まずは家の引っ越しをしようと、以前から海を眺めるのが好きで訪れていたという腰越で物件を探し始めた店主。

ところが、住む家よりも気になったのは店舗物件で、お店をやるつもりはなかったそうですが、

「海でコーヒーが飲めたら幸せだなって思ったんですよね」とカフェを始めたきっかけを教えてくれました。

今では、お客さんとのコミュニケーションが大好きだという店主。

どの席に座っても、店主の顔が見えるアットホームな空間で、

満席になると、まるで学校の先生のようにお客さんとおしゃべりできるのが楽しいと仰っていました。

またテイクアウトの注文ができるよう、少し空いているのこのドアもコミュニケーションのきっかけになっているそう。

近所の方がふらっと来て差し入れをくれたり、散歩途中に寄ってくれて世間話をしてみたり・・・

改めて、地元の方に愛されるお店であり、愛される店主のお人柄を感じました。

 

 

お店というより家!温かい空間と店主に会いにいきませんか?

「今まで気を遣ってきた人たちだから、気を遣わずいられる個人店がいいのかもしれないですね」

常連さんは、定年後スローライフを楽しんでいる年配の方が多いという店主。

自身もこれまで忙しい環境の中で働いてきたからこそ、

自然とお客さんに寄り添った温かい空間となり、愛されるお店になったのでしょう。

ドリンクやフードの味だけではなく、見た目や食べる空間にも感じる店主のこだわりや

常連さんではなくても、女性でも、1人でも入りやすいアット―ホームさなど

知れば知るほど魅力あふれる素敵なお店です。

ぜひ腰越にお越しの際は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

カフェ イヌゾ(cafe inuzo)


住所 :神奈川県鎌倉市腰越3-1-24 ベイマツバヤ 1F

電話番号:0467-40-4768

アクセス:江ノ電 腰越駅 徒歩1分

営業時間:10:30~17:00

定休日:不定休

HP:@cafeinuzo Instagram

関連記事一覧

  1. 【鎌倉】CHABAKKA TEA PARKS コーヒ―派におすすめする、こだわりの日本茶でブレイク

  2. 【逗子】お持ち帰りOK!テイクアウトができるお店一覧【随時更新中】

  3. 【茅ヶ崎】LAMA COFFEE(ラマコーヒー)で過ごすスローな休日。テイクアウトもOK!

  4. 【茅ヶ崎】生とサザンと完熟ボディ 衝撃のやわらかさ!人気プロデューサー監修の高級食パン専門店

  5. 【鎌倉】LEMONADE by Lemonica ゴクゴク飲めてビタミンCたっぷりのレモネード専門店。

  6. 【鎌倉】鎌倉山のさくら道 この時期にしか楽しめない!訪れる人を魅了する桜のトンネル