【鎌倉】鎌倉連売は日本初のマルシェ!朝獲れの鎌倉野菜がここにある!

朝どれの鎌倉野菜に会える”レンバイ”

鎌倉駅から若宮大路に出て海に向かって歩いていくと、
ちょっとレトロな看板が見えてきます。

正式名称
【鎌倉農協連即売所】

地元の人の通称、略して
”レンバイ”

ここでは知る人ぞ知る鎌倉ブランド!
鎌倉野菜が買えるのです。

早速入ってみましょうか

雰囲気は昭和だけど、野菜は…

地元民はもとより、
東京の有名飲食店のシェフも買い求めにわざわざ足を運ぶ
”レンバイ”

早速足を踏み入れてみると、”昭和感マンサイ”

レンバイが開業したのが昭和3年(1928)というから、
この雰囲気に納得。
このレンバイは日本初のマルシェと称されています!

ですが、
プロも認める鎌倉野菜に目を向けると、
昭和感は感じられません!なんともカラフル!

あまり聞き馴染みのない”おしゃれ”なお野菜が並んでいます。

最初に飛び込んできた野菜が…
ビーツ?!??どうやって食べるの?

そして、スイスチャードに黒長大根

鎌倉野菜、
ちょっと油断していました…

鎌倉野菜は西洋野菜の種類が多め。
そう、洋食のシェフに人気なのです。

ニンジンだってこの通り

大根に関しては、お花畑状態!
こんなにカラフルな種類が大根にはあったんですね!
これみんな大根です。

こちらはルッコラ、マスタードリーフの種類だとか。

これが冬の野菜たちなのですが、
季節によってガラリと変わります。

というのも、
年間を通じて切れ目なく出荷できるよう、
各農家は少量多品目の栽培を行っていて、

聞いたことのないような季節の西洋野菜、
バジルやレモングラスなどのハーブ類、
トマトやナスといっても先ほどの大根のように種類は様々。

ここ”レンバイ”は
季節ごとに違った顔を見せてくれるのが本当楽しいです。

また、
何より野菜を作っている農家さんが気さくに、
声をかけてくれます。

「この野菜は本当甘いから!」
「こうやって食べると美味しいよ!」

こんなアットホームなやりとりもレンバイの良いところ。

鎌倉散策の際は、
ぜひ覗いてみてください。

100年近く続いている、
レンバイの良さを感じてみてください。

鎌倉農協連即売所(レンバイ)

<住所>
神奈川県鎌倉市小町1丁目13-10

<電話>
0467-44-3851(JAさがみ玉縄支店)

<アクセス>
JR横須賀線 鎌倉駅 徒歩3分

<営業期間>
通年

<営業時間>
8:00前後~日没まで
(早く行かないと野菜は無くなります)

<休業日>
1月1~4日休

関連記事一覧

  1. 【江ノ島】江の島岩屋 洞窟に秘められた龍神伝説 パワースポット

  2. 【鎌倉】CHAYA BOWL チャヤボウル 目も舌も楽しめる鎌倉野菜と地元ブランドお肉の共演

  3. 【鎌倉】Bitter Sweet 毎日仕入れる鎌倉野菜と地元のシラスが味わえる隠れ家イタリアン

  4. 【鎌倉】Local Brand ローカルブランド 鎌倉本店 海の香りを運ぶハワイアンジュエリー店♪

  5. 【鎌倉】Salon de Kurumiccoサロンドクルミッ子 くるみのお菓子と隠れリスのカフェ

  6. 【茅ヶ崎】生とサザンと完熟ボディ 衝撃のやわらかさ!人気プロデューサー監修の高級食パン専門店