【平塚】湘南ひらつか花火大会、これを見ないと夏が終わらない!!

 

“平塚の夏は、七夕で始まり花火で終わる─。”

 

 

昔から地元の人にそう言われ親しまれ続けている『湘南ひらつか花火大会』。

周辺地域の中でもちょっと遅めの8月下旬に開催されることから

この花火大会が終わると“夏が終わる”と感じる人が多いようですね。

そんな花火大会が今年も8月23日の金曜日に開催されました。

 

当日は朝から悪天候が続き、夕方にはかなりひどい土砂降りに…。

今年は特に近隣の大磯町や茅ヶ崎市の花火大会が悪天候の影響で中止になってしまったことから不安を覚えましたが、

打ち上げ時刻には雨が止む予報が出ていたことから平塚市の判断は“予定通り開催”。

そして見事予報は当たり、打ち上げ時刻の一時間前には雨も上がり、

空には花火大会の成功を後押しするかのように虹まで出ていたんだとか。

因みにこのひらつか花火大会は近隣の花火大会とは違い、

荒天の場合でも『中止』ではなく『延期』なので万が一開催出来ないほどの悪天候になってもご安心を。

そうは言っても一度開催を決定して準備を済ませギリギリになって

悪天候に見舞われた場合やはり再度開催するのは難しいのでは…?と思い市に問い合わせたところ、

『打ち上げ開始直後等早いタイミングでの中止であれば延期する』という旨の返答を頂きました。

“何があっても花火大会はやる…!!

花火大会をやらずには平塚の夏は終われない…!!”

と言う平塚市の強い想いを感じますね。

 

花火を観るならやはり打ち上げ会場へ!!

 

花火はどの場所から見ても違った魅力があるものですが、どうせなら打ち上げ会場まで足を運び、

打ち上げ音の迫力やまるで自分に降り掛かってくるかのような花火、火薬の匂い…五感全てで花火を味わいたいですよね。

湘南ひらつか花火大会の打ち上げ場所は例年相模川河口となっており、平塚新港の駐車場に観覧席が設けられています。

その他、平塚ビーチパークからもきれいに見えるので、砂浜に座って波の音を聴きながら花火を鑑賞するのも素敵ですね。

打ち上げ会場までは平塚駅からバスですぐ近くまで行く事も可能ですが、

徒歩でも20分ちょいで行けるので満員のバスに乗るのはちょっと…という方や

体力にゆとりのある方は歩いて会場まで向かわれることをオススメします。

会場に着くまでの間にある商店街でも当日限定メニューを販売している店舗が

いくつかあるのでそちらをチェックしながらさんぽ気分を味わうのも楽しみ方の一つです。

マイカー派の方は平塚競輪場付近の河川敷にある無料駐車場をご利用ください。

 

 

会場への詳しいアクセス

〖電車の方 〗

JR東海道線「平塚駅」下車、南口より須賀港行きバス10分、下車徒歩5分

〖 自転車の方〗

会場付近に駐輪場はありませんので、平塚競輪場の駐輪場をご利用ください。

〖車の方〗

  1. 圏央道(さがみ縦貫道路)茅ヶ崎海岸インターチェンジから約5分
  2. 東名高速厚木インターチェンジより約50分
  3. 小田原厚木道路平塚インターチェンジより約20分
  • 会場周辺交通規制有
  • 会場付近に駐車場はありません。競輪場東側の河川敷駐車場をご利用ください(17:00~21:30、無料)。※会場までは、徒歩で約20分かかります。

 

関連記事一覧

  1. KUAainaテラス

    【江ノ島】KUA AINA (クア・アイナ)片瀬江ノ島店 駅前最高立地の居心地は?

  2. 芦ノ湖。海賊船。

    【箱根】芦ノ湖・箱根町園地でのんびり涼しく湘南を楽しもう!

  3. southernbeachafe

    【茅ヶ崎】サザンビーチカフェは海まで10秒!海を見ながら食事の出来るお店!

  4. 【小田原】湘南パンケーキ小田原店!湘南ドライブのついでにちょっと寄り道

  5. 逗子海岸(逗子海水浴場)

  6. 【葉山】女子旅きっぷでおトクにプチ旅行!夏の葉山攻略ガイド